断捨離したことで気づいたこと

物が捨てられない人が多い中で、断捨離をする人が年々増えてきました。
私自身、断捨離をしたことによって、メリットやデメリットに気づくことができました。
メリットは、物がすっきりしていつでもきれいな状態をキープすることができること。また、どこに何があるかわかるので、物を探すことがなくなったこと。最後に物がなくなったことにより、掃除がしやすくなったことです。これまで捨てられない人生を送ってきましたが、これから先二度と使わなそうなものや、思い出の品も、あまり自分自身が見なさそうなものを中心に断捨離していきました。残った物をきれいにまとめて、どこに何があるかを整理したことで、物探しに時間を費やすことがなくなりました。来客の際にも慌てて荷物を片付けることがなくなり、いつでもきれいな状態を保つことができています。
断捨離におけるデメリットは、自分には必要のないものでも、他の人にとって大切なものだった場合、捨ててしまうともう二度と帰ってこないことです。しっかり確認してから物を捨てないと、口喧嘩になってしまいます。
それから、物の価値観がわからなくなってしまうことです。どんな高級なものでさえも使わなければ意味がないとして、捨ててしまいます。また古いものを捨ててしまったり、置いておくと邪魔なものも捨てるため、もったいないといった気持ちがなくなってしまいます。何もかも捨ててしまい、新しいものを買ったりすることで、物の大切さがわからなくなるため価値観が変わってしまいます。生活を営むにあたって、何が必要で何が不必要なのかをしっかりと決めから、断捨離を行うことで、デメリットとなるトラブルを防ぐことができるでしょう。